FC2ブログ
2016/10/09

思い込み!音声作品をたのしむのに欠かせない要素です!

思い込むこと、これって、とっても大事です!
特に音声作品を楽しむには、この思い込みが必須です。
もう全力で思い込む!全身全霊をもって思い込む!疑問を持たない!ひたすらに信じる!
思い込むことに集中して、思い込むことだけを考える!

例えば、お姉さんに色々なことされちゃう音声であれば、目の前にお姉さんがいると思い込む!信じ込む!
目の前にはお姉さんがいる!大好きなお姉さんがいる!
絶対にいる!そこにいる!そう思い込む!いや、本当にいるんです!ほら、そこにいますよ、お姉さんが!

このように、お姉さんがいるんだと思い込んだ状態で、音声を聞きます。
できれば、お姉さんの仕草、息づかい、そういったものまでリアルに想像すると、より一層に楽しむことができると思います。

音声を聞いていて、例えばお姉さんが抱きしめてくれるシーンがあった場合は、どのように思い込めばよいでしょうか?
まず、全力で抱きしめられていると思い込む!
お姉さんがアナタに近寄ってきて、抱きしめてくる、その様子を全力で想像して、全力でそうされていると思い込みます。
思わず体が動いてしまうくらい、全力で思い込んでください。
エアでハグしちゃうくらいに、抱かれていることを思い込む!
実際にエアハグをする!アナタもお姉さんを抱きしめましょう!
抱き枕とか、布団とか、ぬいぐるみ等を利用するのもアリです。
お姉さんに抱きしめられている臨場感を出すために、色々と工夫するのも大事です。

では、お姉さんがキスをしてくれるシーンは、どうやって思い込めばいいのでしょう。
まず、お姉さんがキスしてくれる様子を、全力で想像して、思い込む!
お姉さんが身を寄せてくる。お姉さんの顔が近づいてくる、お姉さんの吐息を感じる。もう目の前にいる。唇がもう触れそう……チュッ
こんな感じで、キスまでの動作を全力で想像して、そうされていると思い込んでください!
思わず顔と唇が前に出てしまうくらいに、全力で思い込んでください。
エアでキスしちゃうくらいに、キスされていると思い込む!
実際に、何かにキスしちゃうのもアリです。抱き枕でもいいし、ぬいぐるみでも、人形でも、ドールでも、自分の腕や手でもいいです。
お姉さんにキスされている臨場感を出すために、色々と工夫するのも大事です。
キスされたのであれば、アナタも全力でキスしてあげてください。

このような感じで、お姉さんとのプレイを、全力で想像して、全力で思い込んでください。
最初は想像するのが大変だったり、うまく想像できなかったり、想像するのに疲れたり、持続できなかったり、色々とあるかと思います。
しかしながら!継続は力なりです!思い込みを続けていれば、自然と思い込みができるようになります!
あきらめないで!頑張って!思い込みをマスターできれば、素敵すぎる音声ライフを楽しむことができます!

催眠音声でも、この思い込みは重要になってきます。
催眠は疑問をもったりすると、一気に覚めてしまうことがあります。
なので、普段から思い込み力を鍛えておくと、催眠にもかかりやすくなります。

思い込みは、音声作品だけじゃなく、色々なものに有用です。
AVでも、自分が女優さんとリアルにプレイしているんだ!って思い込むことができたら、興奮度が跳ね上がります。
自分が本当に女優さんとプレイしている!プレイされている!そう思えたら、もはやセルフバーチャルです。

CG集や漫画やアニメやゲームや小説でも、同じ効果が得られます。
自分がその世界に入り込み、全力で思い込む!
想像力を最大限に働かせて、全身全霊をもって思い込む!

こうなってくると「なりきり」もアリですね。自分が役に「なりきる」
自分がその役、そのキャラだと思い込む!つまり「なりきり」です。
コスプレイヤーさんは、その境地にいますよね。
自分がそのキャラだと思い込む!全力で思い込む!そして自分がそのキャラであることを信じて疑わない。そして遂に、コスプレイヤーさんは、そのキャラそのものになるのです。

まとめますと
もっと!もっと!もーーーっと!思い込みましょう!
なんとなく、的な気持ちで作品に接していれは、もったいないです!
自分の限界を超える勢いで、想像力を膨らませて、思い込んでください!

でもですね、もっとライトな気分で、お手軽に聞くのも、もちろんアリです。
それはそれで楽しいものです。
作品の楽しみ方は、人それぞれです。

でも、同人作品に皆様が求めているものって、とーっても刺激的で、とーっても官能的で、とーっても楽しくて、とーっても癒されて…
つまり、たくさんの「とーっても」が欲しいんじゃないかと思うんです。
ならば!作品の楽しむ側である視聴者様やプレイヤー様も、全力で作品に接する!これってすごく大事だと思うのです。

作品のもつパワーに頼るのもアリですが、視聴者様やプレイヤー様が、作品を楽しむスベや方法や力を養って、その作品を何倍にも楽しむようになれたら、世界が変わると思います。

思い込み!
ああ、素晴らしいかな、思い込み!

オイラも頑張ります!思い込み道!

ここでオマケです。
この思い込み、色んな場面で活用できます。
でも、諸刃の剣でもあるので、詳細には書きません。
ちょっと触りだけ…
いま目の前にいるのは、●●ちゃんなんだ!って思い込む!
…はい、察してください。
でもですね、そうやって思い込むことで、うまくいくってこともあります。
うまく利用してくださいませ、思い込み!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

2016/10/03

弱っているときに聞きたくなる音声について

風邪をひいたっぽいです…
日中に寝まくってたので、寝れません…
具合が悪いから、抜いて寝ることもできないしなぁ…
具合悪いときって、ひたすらに甘えさせてくれる音声が聞きたいですなぁ…
エロじゃなくて、もうひたすら甘えさせてくれるの…
ママ系がベストな気がするけど、優しいお姉さんもいいなぁ…

※冒頭
・一緒に寝てくれる。添い寝ですね。
・お互いに全裸。もうね、人肌が恋しいの。エロ目的じゃなく、癒しの意味で裸の女性に甘えたい。
・ひたすらおっぱいに甘えさせてくれる。エッチや射精目的じゃなくて、とにかくおっぱいに甘えたい。
・おっぱいが無理な場合は、ひたすらに抱きしめてくれる。

※本編
・「大丈夫?」「気持ちいい?」的な、気遣い言葉を、ときどき言ってくれる。
・「大好き」的な、好意を寄せているような言葉を、ときどき言ってくれる。
・「頑張ったね」「頑張ってるね」「大丈夫だよ」的な、応援の言葉を、ときどき言ってくれる。
・「いい子いい子」的な、子供をあやすような言葉を、ときどき言ってくれる。
・「ぎゅうされて、嬉しいね」的な説明チックなセリフを、ときどき言ってくれる。
・途中、女性は寝てしまう。抱きしめられながら、何もできない、ってのを再現する。
・抱きしめられながら、ひたすら寝息を聞かされる。
・寝言で「好き」「大好き」的な、好意を寄せているような言葉を、ときどき言ってくれる。
・女性が目をさまして「抱きしめてたら気持ちよくなちゃて、寝ちゃったよ」というカワイイ言い訳をする。
・上記の内容を何回か繰り返す。またはリピート(ループかな)できるような内容にする。可能であれば、セリフをランダムで言うようにする(音声だけじゃ無理になってきたなぁ)

もうね、これだけ。
ひたすらに、これだけをしてくれるの。
うまく誘導して「ママしゅきぃぃぃ!!!」ってなれたら、いいんだけど…難しいかな…

どうしてもエッチ要素が欲しいというのであれば、キス、ベロチューを入れる。
そして、ひたすらティムティムを撫でる。フェザータッチくらいの勢いで、もの凄く優しく、撫で続ける。
キス、ベロチュー、フェザータッチ、おっぱいに甘える、これらをうまく組み合わせる。
例えば、ベロチューしながらフェザータッチ、おっぱいに甘えながらフェザータッチ、などなど。
射精目的ではなく、ひたすらに優しくされる。ティムティムがおっきしちゃったとしても、気にしないで、ひたすらに撫でるだけ。
…エッチは無粋な気もするなぁ…どうかしらん…
2016/10/01

オナニーについての考察です。

オナニーね、人によって頻度が違うとは思うのですが、もっとしてもいいと思うんです。男性だけじゃなく、女性もね。
というのも、オナニーって性病リスクがとても少ないし、自分の都合でやれるし、自分の好き勝手にやれるわけです。自分好みのやり方で、自分好みのオカズ使って、都合のよい場所でやれる。
オナニーって男性にとっては生理的にも必要な行為。
女性にとっても、自分を癒したり、文字通り慰めたり、現代人には特に必要なんじゃなかって思います。膣内をクリーンにするって意味でも、オナニーって必要らしいですし。
パートナーがいる場合でも、オナニーは必要です。むしろパートナーがいるからこそ、オナニーが必要なのです。

というのも、これがセックスとなると、なかなか難しいものがでてきます。相手がいることなので、お互いの都合をつけなくちゃいけないし、お互いに体力があるときを選ばないといけないし、プレイ場所だって自由とはいえません。ホテル行くとね、お泊りの金額、同人作品いくつ買えるんだって話になってくるしねぇ…
特に現代人は忙しいし疲れているので、お互いの都合をつけるのは困難なんですわん。
激務のサラリーマンさんやキャリアウーマンさんに、セックスする余裕があるかしら?
主婦さんだって、大変なんですよね。セックスする余裕ってあるかしら?
今の世の中、身体的にも、精神的にも、セックスするのに向いてないんですよ、本当に。

だからこそ、オナニーが必要なんですわ。セックスで満たされない分は、オナニーで満たしましょうよ。それは悪いことでもなんでもない。
性的に満たされないと、人は浮気や不倫しちゃいますよ?しかも浮気する人間は、自分の労力のほとんどを浮気に使っちゃうようになるよ。仕事や家族のことが、そっちのけになるよ。
いっそね、パートナー同士でね、オナニーを見せあってみたらどうかしら?これ、楽しいと思うなぁ。「そうやってオナニーしちゃうのか!?」って、NTRに近い興奮が味わえると思うのん。

あとね、パートナーがいないお方なら、そもそも論でセックスはできませんよ?うん、オイラはその期間が長かったからね、わかる!わかるよ!したいよね、セックス!少なくとも、当時のオイラはしたかった!憧れだった!

相手が必要なエッチって、現在人がするには無理なことが多いんですよね。だからセックス専用の音声作品とか現れないんですよ。ふたりで聞く音声作品って、あってもいい気がするけど、そういうのを作る人がいない。これ、ニーズがありそうで、販売が見込めないって判断されてるってことだと思うのん。

で、ですね、オナニーについてですが、いまってオナニーについての研究がされまくってて、メスイキとか、ドライオーガズムとか、トコロテンとか、色んなオナニーがサイトとかで紹介されてますよね。でもそれって、ここ数年の話。つまり、オイラが若かりし頃って、そういうの知らなかったわけです。なので、羨ましいですわ、今の時代の若者さん達…

浅田次郎様の「蒼穹の昴」の話です。皇帝の先祖の霊が、現代の皇帝と女性がエッチしているのを見てるシーンがあって、クンニするってのがあるのん。それを見たご先祖が「アソコを舐めるだと!?それは考えつかなかった!なんて羨ましいんだ!」って嘆くのん。
まさにこの感情!色んなオナニーをプレイできて羨ましいわん!…でもね、おっさんのオイラでもね、まだ間に合う!オイラのオナニーライフはこれからだぜ!って感じで、色々試してます。

アネロスでドライに挑戦してます。でもね、まだ到達してないのん…いつかしてやるぜ!ドライ!
メスイキの入門として亀頭オナニーがあるんだけど、最近はこれにハマってます。これね、普通にオナるのよりイキにくいんですけどね、気持ちいいし、頑張って絶頂に到達する達成感は、かなりのもんですわん。あとね、健康になれる。
普段してないオナニーで健康になれるってのはあると思うんですわん。ティムティムをおっきさせ続けながら、自分の想像力を極限まで高めて、時間をかけて、頑張って、やっと到達する…これって、現代の健康法みたいに聞こえません?実際、オイラは健康的になったと思います。ぶっちゃけちゃうと、オイラは40歳目の前のおっさんですが、ここ数年のオイラよりも、確実にティムティムが元気になったよ。うん、これは本当に。身体も回復したお!まぁ、これは介護職をやめたからかもですが。

と、オナニーの必要性について書いてみました。賛否両論あると思いますが、こういう事じゃないのかなぁと思うんですわん。

で、催眠音声とかオナサポとか作ってる作者様って、オナニーの世界を広げてくれる素晴らしい方々だと思うんですわん。少なくともオイラは催眠音声と出会って、その衝撃に心打たれて、気がついたら自分で作る人になってましたわん。うふふ、なんて無謀な…まだ全然ですけどね、頑張る!ちくしょう、売れてぇ!(本音が出た)


いや、売れたいって気持ちって大事なんですお。それがないとね、念のこもった作品って生まれにくいと思うので。

そして、作品つづくりにご協力いただいている声優様達や絵師様にも感謝です!
素敵なボイスがあるからこそ、素敵なイラストがあるからこそ、作品は素敵になるのです!

オイラはこれからオナサポ作ろうと思っているわけですが、俺得になる作品にしたいってのが第一にあります。だって、オイラが抜けなかったら、他の人は抜けないよね?モニターです、モニター。自分でモニター。
で、欲を出せば、他の人にオナニーを楽しんでほしい!オナニーは必要なことなので、そのオナニーを文字通りにサポートできる作品を作りたいのん!それは男性だけじゃなくて、女性もね!人間は男性と女性の2パターンがあるわけですからね、人間全体をサポートしたいんですわん!…またハードル上げちゃったな…首絞めるのが好きなセルフM男です、オイラは…

人生、食事とオナニーの回数は有限です。
例えば、食事を100年間、1日3食とすると、約109,500回です。
オナニーを100年間、1日1回とすると、約36,500回です。
もしもオナニーができる年数が、あと30年くらいだったら、約10,950回です。
なので、食事もオナニーも、つまらない、流れ作業的なものにしたくないと思うんです。
食事は、楽しく、美味しいものを食べたいし!
オナニーだって、満足できるオナニーをしないともったいない!
なので、オナサポ的な作品を作るのだとしたら、リスナーさんに楽しんでもらえないと!って思います。
ああ、変にプレッシャーを与えているなぁ、自分に…

ちなみに「ユカリとソウ太」は自分が作りたくて作った作品です。でもね、今度はリスナーさんにベクトルを向けまくった作品にしたいと思っています。ええ、それが正しい形なんですよ、作品っていうのはね。

いやー、書いた書いた。もはや呟きちゃうね。まぁ、こういうのを書いちゃうのは、自分の啓発なんですよ。うふふ、なんかごめんなさい…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。